読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイン初心者が1ヶ月で中級までレベルアップする方法

WINE

f:id:hateeeeeena:20160828113553j:plain

ここ1年、定期的にワインを飲んできてわかったことが2つある。1つ目は、初心者から中級になるのは難しくないということ。2つ目は中級からそれ以上にいくのは経験もお金も、そして時間もかかるということ。なので、まずは中級ぐらいまではサクッと一直線でいこうではないかと思い、その方法を以下に記す。

 

*ここでいう初級は「ワインをほとんど飲んでおらず、自分の好みもわかっていない状態」と定義し、中級は「自分の好きな地域、品種がわかる状態」と定義して、記述していく。

 

レッスン1

ワインの価値を決めるのは〈あなた〉である。

 

玄人好きのワインは存在するが、そんなの初心者には関係ない。大切なことは〈自分自身の舌がおいしいと思うかどうか〉だ。この価値観は最初から最後まで重要視すべき観点である。極端なことをいえば、〈あなたが好きか嫌いか〉で判断すべきである。まずはこのことを頭に叩き込んでほしい。

 

レッスン2

ワインを飲みまくろう。

以上だ。もう話すことは何もない。街にくり出して、ワインを飲んできてほしい。拍子抜けしただろうか。もちろん、本を読んで勉強するのもいいが、やりながら学んでいけばいい。実際に〈飲むという経験〉が大切なのだ。

 

補足1

ただ時間もお金も極力抑えつつ飲む場合、多少の作戦が必要である。そのときに好都合なのが、ワイン販売店のワインバーだ。都内だったら、「ヴィノスやまざき」や「エノテカ」などのワインバーを利用しない手はない。一本まるまる買って飲むのは、効率よく中級への道を目指す場合、得策ではない。平日に訪れるのもいいし、週末にやっているイベントにも参加したい。初心者から上級者までを楽しませるイベントが毎週どこかでやっているはずだ。そこで、おいしいワインを飲み、自分の好みがどこにあるのか把握してほしい。新世界系なのか旧世界系なのか、カベルネなのかピノなのか、何となくではあるが、自分の好みがわかってくるはずだ。

 

ヴィノスやまざきHP

蔵直ワインの専門店 ヴィノスやまざき

 

ヴィノスやまざき・イベント

蔵直ワインの専門店 ヴィノスやまざき | ワインセミナー

セミナー等に参加するのもおすすめするが、それ以上に、ワインバーが併設されているところには気軽に行ってみてほしい。少量ではあるが、数百円から気軽にワインが飲める。自分の好みを知るのに、このようなワインバーはコスパがいい。

 

エノテカHP

ワイン通販エノテカ・オンライン ENOTECA online for all wine lovers

 

エノテカ・イベント

ワインショップ・エノテカ イベント情報

上記以外のショップでもイベントをやっている場合があるので、近隣のショップにワインバーが併設されているならをぜひチェックしてみたらどうだろうか。

 

補足1-1

ワインバーに行ったときに重要なのは自分の好みを把握するだけではない。もう一つ重要なことがある。それは、情報収集である。ワインバーなどに行くとソムリエ(もしくは、エキスパート)がいるはずなので、彼/彼女に「おすすめのワインバーってどこかありますか?」と質問したほうがいい。きっと無難に良いところを教えてくれるだろう。そしてその紹介されたところに行ってみよう。こんなことを続けていくと、自分の行きつけのバーが増えてくると同時に、自分の好みも把握できるようになっている。

 

補足2

最後に、経験が重要といっても、基本的なワインの知識は知りたいと思うので、敷居が低くて楽しく通読できる本を二冊紹介したい。

 

              『図解 ワイン一年生』

             f:id:hateeeeeena:20160824234009p:plain

 

キャラクターの絵は不安感を醸し出すが、内容はワイン初心者にわかりやすい内容になっている。赤白の基本品種や、国別・地域別のワインの特徴など、何を知ればいいのかわからない初心者にも一定の方向性を示し、教えてくれる。ワインについて知りたいが、何を読んでいいのかわからない人が、はじめに手にとるワイン本である。

図解 ワイン一年生

 

               『男と女のワイン術』 

             f:id:hateeeeeena:20160824234027p:plain

 どう考えても、あやしさ満点にしか思えない。それが第一印象だった。しかし、それに反して内容はとても実践的。漠然と飲んでいるだけではわからないであろう自分の好みをどのように把握していけばいいかや、味わいの基準を的確に学べ、次への実践に役立つ知識が身につく。

 

この本の使い方は、何度も戻って再読することにある。もちろん全てを再読するわけではない。1、2ページや2、3ページを適宜再読するのである。なぜか。ワイン初心者の場合、酸味やミネラル、果実味、樽香などの違いすら最初はわからない。本当はどの人もわかっているのだが、〈違い〉だけがわからないのだ。おそらく舌は感じているが、その識別方法がわかっていないだけなのだと思う。一歩一歩段階的に理解する場合、酸味やミネラルなど、上記全てを一気にわかろうと思わなくていい。まずは、果実味の違いを理解するために飲むとか、何か一つ課題を設定し、それを突破していくと、遅かれ早かれ自分の好みに到達できる。そのための一助になる本である。

男と女のワイン術

FOLLOW ME