濃密な学びが得られる社会学の本 vol. 1

仁平典宏『「ボランティア」の誕生と終焉』は生み出された瞬間に〈古典〉となった本である*1。用語の選定も含めてゴリゴリの学術的文献であり、その選定には著者の選好も垣間見える。たしかにそれは学術的系譜に連なりつつも、どこか新しさを感じさせるものがあった。つまりそれは新しい世代の誕生である。

 

誰にでも薦められる本ではない。鈍器のように重く枕の代わりになるので*2、その意味では一家に一冊的なオススメはできるが、内容は人を選ぶかもしれない。

 

しかしながら私は、この本を通じて知的興奮を味わっていた。この知的興奮こそが学問の醍醐味であると思う。「ボランティア的なもの」の変容過程を明治期から現代(2000年代)までという長期スパンで眺め、それを〈贈与のパラドックス〉という鍵概念で分析することによって、その歴史的過程を提示する。表面的なものでではなく、本物の〈社会学〉を味わいたい人にはオススメできる*3。あとボランティアは「偽善」じゃないのというシニカルな視点を有している人も楽しく読めるだろう*4

 

本書の面白さは読めばすぐにわかるが、あえて一つだけ引用する形で、その一端を紹介したい*5ストリートチルドレンの話で、そのボランティアをする本人の前で他者が「自己満足じゃないの」という応答がなされる場面である。

 

 ところが、現実によくあるタイプは、「君たち、ボランティア活動をやっても仕方ないよ。やはり、制度が問題。世の中を変えないといかん」とか言うわけ。そんな時は「なるほど。あなたの言うことはごもっともだ」と、一応は僕も言うわけ。そして聞くんよ。「そしたら、あんたは、その制度を変えるために、具体的に何をしてはるんですか」と。そしたら、何もしていない。しかも、そういう人が何をしてるかというと、喫茶店でコーヒー飲んでるんですわ。(笑い)

……僕は、どちらの形態でも良いと思うねん。ともかく本気になって、どちらをやったら良い。徹底してね。本当に本気でやったら、どちらであっても綺麗事ではすまなくなる(仁平 2011: 432)。

 

上記の対談を引用後、仁平は以下のように解釈/議論をする。

 

彼はいつまでもコーヒーを飲んでいるだけかもしれない。だが、少なくとも彼は「ボランティアを否定する」という言語行為を行った。媒介項を否定した瞬間、彼は、ストリートチルドレンと、ある形で向き合うことになる。それでは代わりに何をするか? それとも何もしなくてもよいのか? もししなくてもよいならその根拠は何か?ーーこのような問いが、彼の選択/行為の結果として開かれる。……自らの行為でボランティアを否定することを通して、他者への応答責任が転移したのだ(仁平 2011: 432-3)。

 

先に引用した対談は一瞬よくある会話にしか過ぎないが、ここに検討が入ると上記のような分析に変化する。これが「分析」であり「研究」というものなのだろう。このような分析が至るところにあるのだから、驚嘆するし、悔しいという言葉さえ吐かせてもらえない。議論の「根拠」はどこにあるのかを常に考えているから、このような分析がサクッとできてしまうのだろう*6

 

仁平における一つ目のピークはこの本の出版をもって終わった*7。次はどのようなピークを迎えるのだろうか。期待しかない。

 

 

              『「ボランティア」の誕生と終焉』

                  仁平典宏

            f:id:hateeeeeena:20170712134943j:plain

 

「ボランティア」の誕生と終焉

*1:「私調べ」だけどね。

*2:パッと自分の本棚を見まわすかぎり、仁平の本に対抗できる書籍は、W・キムリッカ『現代政治理論』やA・ギデンズ『社会学』、立岩真也『ALS 不動の身体と息する機械』など、名だたる方々である。

*3:知的体力(?)みたいなものがあるとしたら、それがないと辛いかもしれない。言い換えれば、社会学的基礎知識がないと読みこなせない。とくに序章は禁欲的に書いたのか、前提知識がないと理解しきれないと思うので、ちょっとぐらい理解できなくても読み飛ばしていい。しかしながら、その序章こそが仁平の葛藤が垣間見える興味深いところでもある。

*4:もっと言えば、その偽善じゃないのという視点に対して、どのような回避を慈善活動家たちがしていたのか当時の社会的コンテクストも加味しながら述べているし、民主化要件としての①国家に対する社会の自律と②国家による社会権の保障を両立させる回路をめぐる議論も勉強になる。

*5:これから引用する部分は本書で私が一番興味深かったところではない。

*6:サクッとかどうかは知らないけど。

*7:これはディスってるのではなく、一つの区切りとしての意味だよ。

中動態とは何かをめぐる旅

國分功一郎『中動態の世界』は「中動態とは何か」をめぐる思考プロセスにこそ本質があり、そこが抜群に面白い*1。これが『中動態の世界』を読んだ感想のすべてである。

一読しただけなので議論のすべてを咀嚼したとはとてもじゃないが言い切れない。しかし、國分の文才はそれを凌駕する興奮を読者に促す。

もちろん、私は哲学の教養も言語学の教養も乏しいので、國分の議論の正当性や精確性といった専門的視点から、この本を論ずることはできない。だが〈中動態〉をめぐる議論に身を委ねることで、私の思考/頭が刺激を受けていることは読みながらも感じていた。

私たちは二項対立の無意味さをどこかで感じていながらも、その思考方法に囚われていることを知っている。「する」と「される」だけで世界を説明することなど、とてもじゃないができない、と。しかし現存し使用される言語は、その認識枠組みにおいてどうあがいても両者に回収されてしまう。

ある事象における「あやふやなこと」「グレーゾーン」「グラデーション」などを考えるときの補助線として、またはそのような議論の土台として、この本を読む意義は大きい。エナジードリンクを飲まなくてもいいような落ち着いたときに、もしくは簡単に割り切れないことをどのように考えていけばよいのかと思ったときに手に取ってほしい。そのような時に読むと得ることはたくさんあり、自分の思考が拡散していく様を体験できるだろう。

  

               『中動態の世界

                     國分功一郎

            f:id:hateeeeeena:20170605114524j:plain

 

中動態の世界

*1:イントロと結論部だけを読むという愚かなことをしないように。それをしてしまうとこの本の面白さは半減してしまう

本を書くこと、学者になること

細谷雄一さんの記事が出ていた。

 

青春とは、希望と不安が結びつくことで生まれてくる。そのどちらが欠けていても、美しい青春とはならない。

 

上の文章からはじまるエッセイは僕の心にグッとくるものがあった。その他にも、美しい文章が散りばめられていた。

 

私の場合は、学者になって、本を書きたかったのではない。本を書きたかったから、学者になったのである。

 

私にとっての希望とは、本を書くことであった。本を書くことができたら、どれだけ素晴らしいだろう。装幀そうていのデザインから、本のサイズから、タイトルから、全てがいとおしい。それは自らの世界であり、宇宙である。本を書くことは、自らの宇宙を創成することである。だから、それは単著でなければならない。

 

「本を書きたかったから、学者になったのである」も「だから、それは単著でなければならない」も、素晴らしい。

 綺麗すぎる言葉でもあるけれど、「真面目」に語ることも重要だと思う。どんな形であれ、〈美しいもの〉でしか人に感動や喜びは与えられないのだから。

 

詳しくは以下を(いつまで見れるかはわかりません)

『戦後国際秩序とイギリス外交』2001年 細谷雄一さん : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ラポールとは何か

調査対象者との「信頼関係(ラポール)」が重要である。

社会には「表面的な付き合い」や「タテマエ」が存在するが、社会学の調査系の本にも「うわべ」にしか思えない表現はいくつも存在する。そのうちの一つが「ラポール」という言葉である。調査者と調査対象者にはラポールが重要であるとよく言われる(教科書で)。なんとなく理解できるが、この言葉の上っ面な感じが私は好きじゃなかった。だが、そう思っている人は私だけではなかったようだ。『質的社会調査の方法』で社会学者の岸は以下のように語っている。

 

前節で出てきた、調査者と語り手とのあいだの信頼関係という問題について、もう少し考えてみましょう。この両者のあいだの信頼関係は、これまでの質的調査の教科書では、「ラポール」という言葉で表現されていました。そして、調査者は、調査対象者から「正しい」データを得るためにも、また、調査を「円滑に」すすめるためにも、ラポールの形成が不可欠であると指摘されてきました。しかし私はいくぶん、そんなことは考えたこともありませんし、そもそも、いくら信頼関係があっても、いや信頼関係があればなおさら、どうしても言えないことがでてくるだろうし、だいたい「正しいデータ」や「円滑な進行」のために上っ面だけ仲良くしておきなさいと言われているようで、この手の議論には嫌悪感しかありません。ですからこの章では、ラポールという言葉は使っていませんし、それに関する議論もしません(岸・石岡・丸山 2016: 164)

 

ある意味、感動を覚える。このような姿勢のほうが誠実だと思う。岸が彼なりにこれまで積み上げてきた方法論、そして経験があるからこそ、ここまで言い切れるのだろう。

この本には色々な箇所に細かいTIPSが散りばめられている。一つひとつ言及はしないが、質的調査とは何か、と思う学部生や院生が読んで損はない。断言できる。

「生活史を知るとは、つまるところ、その人の人生を知ること」につながるんだなあと、しみじみ感じてしまった。岸のこれまでの本、そのまんまである。久々に『断片的なものの社会学』を読み返したくなった。

 

               『質的社会調査の方法

                    岸政彦・石岡丈昇・丸山里見

             f:id:hateeeeeena:20170121150652j:plain

 

 質的社会調査の方法

 

 

安くて貼りやすい、おすすめのiPhone7・液晶保護フィルム

iPhoneの【液晶保護フィルム】を貼るのに苦労した経験はないだろうか。だが、もうそんな心配はいらない。なぜなら以下のフィルムを使えば、絶対にズレないからだ。貼るのが、面倒で嫌だなという人でも楽に貼れるだろう。

ヨドバシカメラ¥1,080(税込)でした。おすすめ。

 

                  +simplism

                 iPhone7 4.7インチ

               f:id:hateeeeeena:20161002183455j:plain

 

詳しい説明はこちらをどうぞ。

〈あとがき〉が妙にカッコイイ学術書3冊

学術書の〈あとがき〉は個人史である*1。ここに来るまで書き手は学術的ルール一般に則り、禁欲的に一冊の書物を記述してきた。しかし、〈あとがき〉にルールは存在しない。誰も〈あとがき〉の書き方は指導されない。慣習的に似通った内容にはなるが、それでも、著者個人の性格が垣間見える。ここでは、私が妙にカッコイイと思った〈あとがき〉を挙げてゆく。

 

                   1.

             『刑務所処遇の社会学

                      平井秀幸

           f:id:hateeeeeena:20160904135245p:plain

冗長な本とともに差し出される冗長なあとがきほど、興ざめなものはないと思う。 

調査・執筆をめぐる裏話や、ひそかに抱いている筆者の思いも、ここに記す必要もないだろう。それらは本文にこそ記されるべきだと思うし、本書においては必要な限り実際にそうしてきたつもりだ。

これを読んだとき、素直にカッコ良すぎるでしょ、と感じた。とくに一文目の「冗長な本とともに差し出される冗長なあとがきほど、興ざめなものはないと思う」は強烈であった。不遜にも、誰をdisっているのか勘ぐりたくなる文章であったが。

ただ、上の引用箇所だけでも「思う」を2回使用してるところをみると、この人の良さを感じる。学術的にも誠実で、おそらく実際も誠実で良い人なんだろうなと想像する。

 それはそうと、この本は400頁弱ながら、凝縮さと洗練さを兼ね備えた内容であった。問い、研究の意義、分析枠組み・方法、内容、どれをとっても学術的水準が高かった。あと、読んでいてただただ知的興奮を味わえた。いつかこの本の感想も書きたいと思うが、〈あとがき〉のように、無駄のない、学術書として〈美しい〉本であった。

 刑務所処遇の社会学

 

                  2.

             『近代・戦争・国家

                     畠山弘文

           f:id:hateeeeeena:20160904135310p:plain

最後に、本書は繰返しの箇所が多いと感じる方のために、少々弁じる。理由は二つ。一つは意識的なもので、不遜極まりないが、研究者が必ずしも本が読めるとは限らないということを、博士論文を本にしたときに感じたからである。どうしてこういう理解になるのか、書いた本人が理解に苦しむものまである。受け取り方は自由だとしても、まずは本をそのままに読むということがいかに難しいことなのかを悟った(学生の授業の理解の偏頗さというのもその例だが)。というより、数式や技法の習得に時間がとられて、本を読むということの訓練や習慣が足りないのかもしれない。そのとき抜群の読解を提示されて本人すら驚き、逆啓発された研究者はいまでは同僚である。繰返しは一種の意識的なダ・カーポ形式の採用であり、本書全体がソナタ形式なのだとお考えいただきたい*2

こちらは打って変わって、「冗長な文章とともに冗長なあとがき」である*3

「研究者が必ずしも本が読めるとは限らない」。ここで、そんなこと言っちゃう?マジで!と思わず言ってしまう文章である。ただ私はこういう人も好きなので、内容も含めてとても興味深く読んだ。〈あとがき〉もさることながら、〈注釈〉も教養のオンパレードである。引用の最後のほうを読んでわかるとおり、クラシックの知識もガンガン開陳してくる。

昔、勝手にイメージしていた「大学教授」を体現しているような人である。決して友だちにはなりたくないが*4、このような書き手が学問の世界に存在することに安堵する。

近代・戦争・国家 

 

                  3.

               『成熟と近代

                 デイヴィット・オーウェン

           f:id:hateeeeeena:20160904135319p:plain

ここで私は、この本の執筆中、私の研究とよき生活状態を支えてくれた人すべての名前を挙げることはできない。そこで、これから実際にお名前を挙げる方々によって、ここでは言及できないすべての人々にたいする私の感謝の気持ちに代えさせていただきたいと思う。 

これは厳密な意味で〈あとがき〉ではなく、〈謝辞〉ではあるが、取り上げることにした。理由はわかると思うが、二つ目の文章の前後関係が矛盾しているように思えて、一瞬理解できなかった。読んでいてフリーズしたのだ。結局これって、言い換えれば「ごめん、忘れたヤツもいるけど、許してね!」を丁寧に表現したにすぎないだろう*5

のっけからこのような文章を書けるだけあって、内容も近代批判者としてのニーチェウェーバーフーコーを繋げて論じていて、勉強になるところが多かった。

成熟と近代

*1:ここでの学術書とは「単著」を指す。

*2:理由の二つ目にかんしては割愛する。

*3:平井が分野も違う畠山をdisったとは考えてはいないので、推測による勘違いはご勘弁。

*4:もちろん向こうもそう思っているだろう。

*5:ただこれ、翻訳の文章だけどね。

ワイン初心者が1ヶ月で中級までレベルアップする方法

f:id:hateeeeeena:20160828113553j:plain

ここ1年、定期的にワインを飲んできてわかったことが2つある。1つ目は、初心者から中級になるのは難しくないということ。2つ目は中級からそれ以上にいくのは経験もお金も、そして時間もかかるということ。なので、まずは中級ぐらいまではサクッと一直線でいこうではないかと思い、その方法を以下に記す。

 

*ここでいう初級は「ワインをほとんど飲んでおらず、自分の好みもわかっていない状態」と定義し、中級は「自分の好きな地域、品種がわかる状態」と定義して、記述していく。

 

レッスン1

ワインの価値を決めるのは〈あなた〉である。

 

玄人好きのワインは存在するが、そんなの初心者には関係ない。大切なことは〈自分自身の舌がおいしいと思うかどうか〉だ。この価値観は最初から最後まで重要視すべき観点である。極端なことをいえば、〈あなたが好きか嫌いか〉で判断すべきである。まずはこのことを頭に叩き込んでほしい。

 

レッスン2

ワインを飲みまくろう。

以上だ。もう話すことは何もない。街にくり出して、ワインを飲んできてほしい。拍子抜けしただろうか。もちろん、本を読んで勉強するのもいいが、やりながら学んでいけばいい。実際に〈飲むという経験〉が大切なのだ。

 

補足1

ただ時間もお金も極力抑えつつ飲む場合、多少の作戦が必要である。そのときに好都合なのが、ワイン販売店のワインバーだ。都内だったら、「ヴィノスやまざき」や「エノテカ」などのワインバーを利用しない手はない。一本まるまる買って飲むのは、効率よく中級への道を目指す場合、得策ではない。平日に訪れるのもいいし、週末にやっているイベントにも参加したい。初心者から上級者までを楽しませるイベントが毎週どこかでやっているはずだ。そこで、おいしいワインを飲み、自分の好みがどこにあるのか把握してほしい。新世界系なのか旧世界系なのか、カベルネなのかピノなのか、何となくではあるが、自分の好みがわかってくるはずだ。

 

ヴィノスやまざきHP

蔵直ワインの専門店 ヴィノスやまざき

 

ヴィノスやまざき・イベント

蔵直ワインの専門店 ヴィノスやまざき | ワインセミナー

セミナー等に参加するのもおすすめするが、それ以上に、ワインバーが併設されているところには気軽に行ってみてほしい。少量ではあるが、数百円から気軽にワインが飲める。自分の好みを知るのに、このようなワインバーはコスパがいい。

 

エノテカHP

ワイン通販エノテカ・オンライン ENOTECA online for all wine lovers

 

エノテカ・イベント

ワインショップ・エノテカ イベント情報

上記以外のショップでもイベントをやっている場合があるので、近隣のショップにワインバーが併設されているならをぜひチェックしてみたらどうだろうか。

 

補足1-1

ワインバーに行ったときに重要なのは自分の好みを把握するだけではない。もう一つ重要なことがある。それは、情報収集である。ワインバーなどに行くとソムリエ(もしくは、エキスパート)がいるはずなので、彼/彼女に「おすすめのワインバーってどこかありますか?」と質問したほうがいい。きっと無難に良いところを教えてくれるだろう。そしてその紹介されたところに行ってみよう。こんなことを続けていくと、自分の行きつけのバーが増えてくると同時に、自分の好みも把握できるようになっている。

 

補足2

最後に、経験が重要といっても、基本的なワインの知識は知りたいと思うので、敷居が低くて楽しく通読できる本を二冊紹介したい。

 

              『図解 ワイン一年生』

             f:id:hateeeeeena:20160824234009p:plain

 

キャラクターの絵は不安感を醸し出すが、内容はワイン初心者にわかりやすい内容になっている。赤白の基本品種や、国別・地域別のワインの特徴など、何を知ればいいのかわからない初心者にも一定の方向性を示し、教えてくれる。ワインについて知りたいが、何を読んでいいのかわからない人が、はじめに手にとるワイン本である。

図解 ワイン一年生

 

               『男と女のワイン術』 

             f:id:hateeeeeena:20160824234027p:plain

 どう考えても、あやしさ満点にしか思えない。それが第一印象だった。しかし、それに反して内容はとても実践的。漠然と飲んでいるだけではわからないであろう自分の好みをどのように把握していけばいいかや、味わいの基準を的確に学べ、次への実践に役立つ知識が身につく。

 

この本の使い方は、何度も戻って再読することにある。もちろん全てを再読するわけではない。1、2ページや2、3ページを適宜再読するのである。なぜか。ワイン初心者の場合、酸味やミネラル、果実味、樽香などの違いすら最初はわからない。本当はどの人もわかっているのだが、〈違い〉だけがわからないのだ。おそらく舌は感じているが、その識別方法がわかっていないだけなのだと思う。一歩一歩段階的に理解する場合、酸味やミネラルなど、上記全てを一気にわかろうと思わなくていい。まずは、果実味の違いを理解するために飲むとか、何か一つ課題を設定し、それを突破していくと、遅かれ早かれ自分の好みに到達できる。そのための一助になる本である。

男と女のワイン術

FOLLOW ME